険悪なカップル

スピード妊娠から二人目は不妊になった原因は?

現在38歳の私は結婚したのが35歳、その後すぐに第一子を妊娠しました。不妊の原因だと言われる高齢出産の年齢だった為、心配をしていましたが、すぐに妊娠でき、ぎりぎり35歳の年齢で第一子を出産することができました。妊娠、出産、授乳期間、その為、夫婦生活が一切ありませんでした。そういう意欲もなければ、育児が思った以上に忙しくてストレスフルな毎日でした。授乳期間がおわり再度月経が始まった頃、私は37歳になっていました。
そろそろ二人目のことを考えるかと重い腰をあげて、夫婦生活を再開しました。しかし、まだまだ子供に手がかかるさ中でしたので、夫婦生活は排卵日のみを狙って月1回のみでした。1人目は避妊をしなくなってすぐにできた経験があったので二人目も余裕でできると思っていたのですが、なかなかできず、その状態が1年半ほど不妊の状態が続きました。
実家に帰れば、「そろそろ二人目考えたら?」「一人っ子は可哀そう」「年齢も年齢なんだから早くしないと」と心無い言葉ばかりでした。又、一人目出産後にできたママ友達は自分より若い人ばかり、そして二人目を妊娠したり、既に出産しています。
私は「頑張っているけど原因が解らない」などということは誰にも相談することができずにいました。ママ友に会うのも実家に帰るのも、最近では少し億劫に感じています。不妊は夫婦生活の回数の問題か、ストレスによるものか、それとも年齢のせいなのか、そろそろ専門家に相談し原因を突き止めていこうと思っています。

夫婦の気持ちの差

一人目は、割と早い段階で授かることもできたので二人目もそうだろうと簡単に考えていた私。欲しいなと思っていても、二人目の子作りをするという雰囲気になれず排卵予定日などを逃していました。一人目出産後、あまり主人にそういう気持ちにもなれていなかったのも事実です。それが二人目の不妊の原因で理由になっていたのかなと思います。
一度で授かれればいいですが、リセットが重なると主人に今日だよと言うのも嫌になり今日その日かと思う気持ちも増してしまい悪循環。夫婦仲は悪くないのですが、それとこれは別でした。ですが、お互い上の子の為にも二人目が欲しいという気持ちは同じだったので、一度しっかり話合う場を持ちました。不妊の原因は何なのかを考え、お互い気持ちを吐きだす場を。
そこから、排卵検査薬を購入し排卵日を特定し二人目の妊活に力を入れました。やはり、お互いの気持ちを一度素直に言いあうことはとても大切で私も主人に今日だと言いやすくなりました。
その後、数回で妊娠する事ができ無事出産しました。二人目に精神的に苦労すると思っていなかったのでとても可愛いです。主人も、同じ様で二人目は一段と可愛がっている雰囲気が伝わってきます。一人目は勢いみたいな感じでも、二人目となれば本当に子作りという雰囲気になるのでそこで不妊の原因を改善し、気持ちをどう入れ替えるかも大切なのかなと思います。

不妊治療をして二人目を出産しました

私は7歳の息子と生後7ヶ月の娘をもつ母親です。私は、子宮筋腫をもっていましたが、一人目の妊娠は運良くでき、無事に出産しました。息子が三歳手前の頃に二人目が欲しいと思い妊活をしました。当時生理痛がひどく歩くこともつらく、出血も多量だったので婦人科に通院したところ、子宮筋腫のほかに子宮せんきん症を発症しており不妊だと診断されました。原因を知り、その後、子宮の状態を良くする治療をしました。
同時に私は卵子を10数個、主人は精子を採り、体外受精をしました。受精卵になったのは5個、ランク付けされた受精卵を凍結し、私の子宮がいい状態になったら解凍して子宮にもどすという不妊治療をしました。最初は子宮に着床できたが、仕事をしていたので、仕事を頑張り過ぎたのが原因となり流産してしまいました。子宮筋腫はストレスと冷えからくると聞いたので、二回目の治療にはホットヨガを週に二回通って、ストレッチをやりながら身体の調子を整え、仕事も辞めました。
そして、その成果があったのか、二回目にようやく二人目を妊娠しました。妊娠するには解凍して子宮にもどす時は、点滴を打ったりと辛かったのですが、ゆったりストレスをためずに不妊治療をするのが、私には良かったようです。ストレスの原因となっていた仕事も辞めたので収入が少なくなる不安もありますが、二人目の子が大きくなったらお金を貯めたいです。


二人目を不妊しようと悩んでいる女性に優しく対応してくれる葵堂はご存知ですか?二人目不妊の原因をしっかりと解決してくれるのです!二人目不妊を改善し、赤ちゃんを授かったとお声もあります!不妊を改善してくれる、そして体質や状況に合わせて、漢方をご提案してくれるので、おすすめです!

update information

»More Contents

menu

TOP