険悪なカップル

子連れを見るたび悩んむ二人目不妊

ベビーベッド

一人目はとても順調に、ほしいと思ったタイミングで妊娠できました。夫には「ほしい時にすぐできるものではないんだから、早めに取り組むべきだよ。」などとお説教していたので、夫婦で驚いてしまいました。二人目を考え始めたのは、出産から2年経つ頃でした。私も夫も兄弟がいましたので、複数の子供が欲しかったのです。2学年差がいいかなと漠然と思っていたのですが、一人目をすぐに授かったこともあり、ギリギリまで伸ばしてしまいました。
そしてやっと本腰を入れ始めたのですが、上手く着床することが出来ませんでした。アッという間に数か月が過ぎ、希望の学年差にできないことが分かりました。その後一度、検査薬陽性が出たのですが、産婦人科に行ったところ袋の中が空っぽで流産と判明しました。
30代後半に入っていましたので、自身の年齢のせいもあるのかと悩みました。流産の時、産婦人科でママ友に会ってしまうのが一番つらかったです。「二人目出来たんだね?」などと聞かれて「ううん、育ってなくて流れてしまいそう。」と答えるのは本当に嫌でした。もちろん相手には悪気はありません。しかし、ママ友のお腹が大きくなっていて、自分が流産という現実はとてもショックでした。
幸いにもその流産から半年後に無事妊娠をすることが出来、出産に至りました。二人目は本当にできにくいんだなと実感した経験でした。

update information

»More Contents

menu

TOP