険悪なカップル

二人目不妊になりやすい原因とは

手

子供を二人授かったわたしが二人目不妊という言葉に納得してしまうのには原因があり理由があります。それはなぜかと言うと、一人目を生んで兄弟を作ってあげたいと思う時期(多くの場合は3歳差くらいでしょうか)に、妻の気持ちはもうすっかり母性でいっぱいになっているということです。
上の子のためにも二人目を作りたいという気持ちはあっても、体力的に子作りが面倒に思えたり、照れくさくもあります。この照れくさいというのが特に厄介な感情なんです。女に戻る自分を素直に受け入れられないということですから、子作りに抵抗を感じてしまうことになります。ですが一人目を出産した後にある程度の夫婦関係が続いていれば不妊にはならないのかもしれません。
また別の原因として、女性としていつも夫に見てもらえているという実感があるという自覚も必要なのだと思います。妻は子育てに追われて身なりに気を遣えなくなりますが、それでも夫が妻を可愛がり、少しでも女性らしい部分を見つけて褒めてくれるなどすることで妻は女としてい続けられ、また子作りの時期がきても素直に女になれるのだと考えます。
二人目不妊を迎えたくないと思っているご夫婦には、一人目の出産後から不妊の原因になるだろう事を意識しておく必要があります。特に夫は妻を母として尊敬しつつも完全に母として見てしまわないこと、これに尽きます。

update information

»More Contents

menu

TOP